2019年4月18日木曜日

英字を入れました。






































久しぶりに野の花(路傍の花)を活けました。気持ちが爽やかになりました。
Wild flowers (flowers by the roadside) were made after a long time. My feelings are refreshing

野に咲く花の小品のいけばなです。
ヤエザクラ、ホーチャクソウ、クサノオウ、シラン、レンギョ
#小田原城 #杉﨑宗雲 #いけばな #いけばな宗雲 #御室流 #小田原
I would like a piece of flower blooming in the field.
Yaezakura, Hachakusou, Kusanou, Silane, Forsythia








2019年2月28日木曜日

けやきと柿渋のコラボはお肌が美しい


木目その姿の美しさも人々の心の拠りどころとなり、家の大黒柱に使われ、昔から尊ばれてきた「けやき」に木材保護や染料として平安末期から使用された「柿渋」にて仕上げた天然木のオブジェは、暮らしのなかに落ち着きのある自然の温もりをお届けする杉﨑宗雲のいけばなのアートです。

Wood grain The beauty of its appearance also became the basis of people's mind, finished with "persimmon", which was used as the main pillar of the house and was used as a wood preservation and dye for the western part of the Heian period from the old days The object of natural wood is the art of Ikebana of Sugisaki Sohun that delivers restless nature warmth in our living

小田原城のもてなしのいけばなです。

It is the Ikebana of the hospitality of Odawara Castle








#杉崎宗雲 #小田原城 #おむろ #御室流  #いけばな



2019年2月21日木曜日

松田のカワズ桜と


松田のカワズ桜をいただいて小田原駅、海老名駅、ダイナシティ、そして今日は小田原城の天守閣、SAMURAI館に活けました。

Matsuda's Kawazu cherry tree received Odawara station, Ebina station, Dyna City, and today I lived in the castle tower of Odawara Castle, SAMURAI hall

柿渋仕様のケヤキの根の組み合わせたオブジェと桜は小田原城のイメージにあいます。
ご覧ください。
Objects combined with root of Zelkova of persimmon and seed specifications and cherry blossoms match the image of Odawara Castle. Please watch


#いけばな宗雲 #いけばな #杉﨑宗雲 #おむろ #小田原城









# Ikebana Muneakun # Ikebana # Sugisaki Muneaki # Omoro # Odawara Castle
https://kadouka.jp/

2019年1月16日水曜日

ケヤキと柿渋のオブジェ器

ケヤキと柿渋のオブジェ器

 
「けやけき」には「目立つ、ひときわすぐれている」 という意味があります。
ケヤキは、材としての有用性とともに、その姿の美しさも人々の心の拠りどころとなり、昔から尊ばれてきました。
木目が美しく神社仏閣などに多く用いられ、家の大黒柱に使われた。

 柿渋の歴史は古く、平安時代末期から使用され、江戸時代に入ってから木材保護や染料、投網の防腐剤など、幅広い用途に用いられてきました。

"Keikyuki" has the meaning of "stand out, exceptionally good". Zelkova, along with its usefulness as a material, has become a center of human mind based on the beauty of its appearance, and has been honored since long ago. The wood grain was beautifully used for shrines and temples, etc, and it was used for the main pillar of the house.


日本の伝統文化とも言える柿渋で仕上げた天然木は、暮らしのなかに自然の温もりと数々の効能をもたらします。
 渋柿の液汁を発酵熟成させてつくられる柿渋は、防腐・防水・防虫・抗菌作用など、多くの優れた効能を持ち、太古の昔から日本人の暮らしのなかに採り入れられてきました。


The persimmon juice history is old, it has been used since the late Heian era, since it entered the Edo era, it has been used for widespread applications such as wood protection, dyes, preservatives for wire netting. Natural wood finished with persimmon juice which can be said as a traditional Japanese culture brings warmth of nature and a lot of indications in the life.

Persimmon juice, which is made by fermenting and aging the liquid of astringent persimmon, has many excellent effects such as antiseptic, waterproof, insecticidal and antibacterial action, and has been adopted in the lives of Japanese people since ancient times.


2019年1月8日火曜日

新春は清閑亭から始まった。

 2019年1月亥の年は4日の日に清閑亭から華活けが始まりました。






1月8日は、杉崎宗雲プレゼンツとして、海老名駅、小田原駅、ダイナシティに活けます。

2018年12月31日月曜日

2018年12月31日に

平成最後の年末に活けるいけばなは小田原城天守閣、常盤木門SAMURAI館、です。
1月4日~清閑亭、UMECOに、
1月8日~海老名駅、小田原駅、ダイナシテイ等に活けます。





2018年11月16日金曜日

華のリニュアール


作品の器を,けやきの柿渋仕様のオブジェ器に替えました。
重いケヤキ、天守閣の階段は答えました。

ケヤキ柿渋仕様オブジェ器、ツノゴマ、イブキ、ワタノキ、ローズベリーの実、カラスウリ、
ケヤキ柿渋仕様の組オブジェ、イブキ、ツルウメモドキ、ウリ、ストック、